*

【加齢臭をあまりにも気にし過ぎるのも良くない】

%e5%8a%a0%e9%bd%a2%e8%87%ad%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%ab%e3%82%82%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%97

加齢臭という言葉が広く知られるようになってもうずいぶんたちます。どことなくネガティブなイメージに使われていることが多く、男性の中には自分が放つ加齢臭が回りに迷惑をかけているのではないかと、かなりナーバスになってしまう人も少なくありません。家族に嫌われないようにと必要以上に肌をこすりすぎたりして、かえって肌トラブルになってしまう人などもいるようですが、これは別に不潔にしているから臭いがするものではなく、年齢を重ねてゆくことで変化するからだのしくみによっておこるごく自然なものだと考えればよいのです。

独特の体臭も、どこか懐かしく田舎の祖父の臭い

この独特の体臭も何も悪いことばかりではなく、人によってはどこか懐かしく田舎の祖父にかわいがってもらったときの記憶がよみがえるにおいだという意見もあるようです。両親が仕事で忙しく学校や幼稚園から帰ってきたら真っ先に迎えてくれるのが祖父母だったという人にとっては、このにおいを感じる瞬間に優しかった祖父母を思い出してしまうことに繋がるようです。かくいう私も祖父母にはずいぶんかわいがってもらったので、いわゆる加齢臭と呼ばれる臭いはそんなにいやな記憶を呼び覚ますものではありません。

加齢臭を気にするあまり、別の匂いでごまかそうとする人のほうがかなり問題

むしろ自分の加齢臭を気にするあまり、別の匂いでごまかそうとする人のほうがかなり問題だと言えます。マンションのエレベーターで何度かご一緒した高齢の男性は身なりもきちんとしていて姿勢も良いのですが、かなりにおいの強いオードトワレか何かをつけていました。身奇麗にしていてなんとなく経済的にも余裕のありそうな雰囲気のこの紳士が、なぜこんなにぷんぷんとした強い香をまとっているのだろうといつもふしぎに思っていたのですが、おそらく自分の体臭を気にしてそれをごまかすためなんだろうと勝手に想像していました。

同じマンションの住人なのか、住人の誰かの知り合いなのかは不明ですが何度かエレベーターで会ったことがあり、軽く会釈する程度の関係になっていました。私がその方のにおいを注意するまでもなく、ご家族やお友達から何かしらの注意は受けていると思われるので、勿論そんな話題に触れたことはなかったのですが、先日お会いした時にいつものきつい香はせず、私にとってはちょっと懐かしくさえ思えるあの加齢臭のような臭いが感じられました。ああ、これがこの人の自然なにおいなんだなと、なんだかちょっとほっとしたような気持ちに包まれました。

<スポンサーリンク>



関連記事

【高級クラブのフジスソさんのお話】

高級クラブのフジスソさんのお話 その昔、私が高級クラブでアルバイトをしていた時のお

記事を読む

【私より先に妻が加齢臭になりました】

妻の加齢臭が気になり始め、「臭うよ」とはさすがに面と向かっては言いにくいもの。周り人も、

記事を読む

【水道の蛇口の水漏れを修理してもらった時の、水道局の方の強烈な体臭に困った時のこと)】

50代の女性です。私も年齢と共に体臭から加齢臭を気にするようになっていきましたが、これもただ

記事を読む

【体臭、加齢臭について何の知識もなかったころのことです。】

わきの下に毛が生え始め、わきの下のニオイも気になり出しました。 50代の女性です。

記事を読む

【混ぜるな危険!!加齢臭に注意】

30代女性です。 私の上司は同年代の男性に比べると「若い」と言われる、いわゆるちょいワル風

記事を読む

【むかしイギリスで経験した強烈な体臭の話。匂いが強いって大変だ】

体臭はかなり個人差がありますよね。 自分は女性で、若いころは自分の体臭を気にすることはあま

記事を読む

【30代ワーキングママの加齢臭と体臭対策】

現在私は30代半ばのワーキングママです。 20代から汗の臭いや脇の臭い、口臭、あらゆる自分

記事を読む

【体臭体験談:今まで、玉ねぎのニオイだと思っていたのは、カッちゃんのワキの下のニオイだった。】

私が親しくしていたカッちゃんのお話ですが、私よりも10歳若く頭の回転も良く、とてもユニークで

記事を読む

【20代後半まで気にしてこなかった加齢臭へのこれからの対応】

20代後半まで気にしてこなかった加齢臭ですが ぼくは現在29歳の男性です。ぼくは昔から

記事を読む

【加齢臭実は安心の香り、それはじいちゃんを想い出す懐かしい匂いだった。】

亡くなった祖父の臭いを探し求めた私 50代の女性です。 祖父が亡くなった時、56歳で

記事を読む

PAGE TOP ↑