*

【お祭りを見に行った日の友達の体臭ハプニング】

久しぶりあった彼女は以前よりかなり太っていました。

30代女性です。中学時代からの友達と、地元からちょっと離れた有名な夏祭りを夏休みに観光しにいくことになりました。その頃はお互い30歳、久しぶりに会うのを楽しみにしていたのですが駅で再会した彼女は以前の華奢で女らしい外見からはずいぶんかけ離れていて、かなり太っていたのです。それもふっくらというよりはちょっとぶよっとした太り方で、傷つけないように気をつけながらその変化について指摘したところ「失恋してからやけ喰いが止まらなくなって、こうなってしまった」とのことでした。

新幹線の中で彼女が動作をするたびにツンとした臭いがすることに気づいてしまい、始まったばかりの旅行なのに、みるみるテンションが落ちてしまいました。

新幹線に一緒に乗車したのですが、駅の売店で買ったハムカツを一緒に食べていたらどこからか酸っぱくてツンとする異臭がしてきたので近くに座った誰かおじさんの臭いかな?とキョロキョロしたのですが、車内は空いていて該当するような人物は見当たらず。もしや?と思い、ハムカツをすごい勢いで頬張る彼女を観察すると、彼女が深呼吸したり腕を動かしたりといった動作をするたびにツンとした臭いがすることに気づいてしまいました。太ったことと、体臭がきつくなったことに直接の関係があるのかは分かりませんでしたが、これから小1時間この臭いを我慢しなくてはいけないのかな?と思うとかなり憂鬱になってしまい、始まったばかりの旅行なのにみるみるテンションが落ちて行ってしまいました。
 

仕方なく、「ちょっと風邪!!」と言い訳をし、夜までマスクをつけたまま観光しました。

そうしてようやく目的地にたどり着き、外へ出ればちょっとは臭いが紛れるかな?と思ったのですが、その日は夏らしい湿度の高い暑い日で、外へ出ても彼女の隣を歩いていると臭いからは逃れられないどころか、汗をかいてますます彼女の臭いの刺激臭は強くなっていくばかりでした。私はこらえきれずに、ドラッグストアにかけこみデオドラントスプレーとマスクを購入。「暑いねえ。よければ一緒にこのデオドラントスプレーつけない?」とさりげなくすすめてみたのですが、「私、肌が弱いからいつも使っているのじゃないとだめなの」とあっさり却下。普段使っているのは?と聞いてみると、使用感が余り好きじゃないから持ってきていない、とのことでした。

仕方なく、「ここ数日ちょっと風邪ひいているんだよね」と言い訳をしながら私はマスクをつけることにしました。ただ、猛暑の中でマスクをつけるのはとても暑苦しくて苦しかったです。結局、夜までマスクをつけたまま観光しました。お祭りの記憶よりも、あの臭いと、マスクの息苦しさの記憶のほうが未だに強く印象に残っています。彼女に臭いについて注意しようか最後まで迷いましたが、気弱な私は最後まで結局注意できませんでした。

<スポンサーリンク>



関連記事

【私の旦那さんはインドの人で、気絶しそうな体臭なのす。】

私は46歳の女性です。 海外に旅行に行くと公共の乗り物などで外国人の方と隣り合わせになった

記事を読む

【自分の強烈な両脇の臭いに気づき、いろいろ対策を施しています】

自分の放つ、古本や古畳がカビたような強烈な臭にびっくり、 私は62歳の男性ですが、

記事を読む

【加齢臭は自分とは無縁と思っていましたが、いつの間にか身近なものに!】

30代になった頃から、加齢臭のようなに臭いがしてきました。 30代男性です。 私がま

記事を読む

【加齢臭実は安心の香り、それはじいちゃんを想い出す懐かしい匂いだった。】

亡くなった祖父の臭いを探し求めた私 50代の女性です。 祖父が亡くなった時、56歳で

記事を読む

【他人の加齢臭を感じ安心?した自分】

満員電車の中で、異様なまでにキツイ臭いに悩まされながら 毎朝電車での通勤は文字通り通勤

記事を読む

【体臭がきつい私は、自分でもそのニオイに悩んでいました。】

体臭を消すために制汗スプレーを試してみました。 40代の女性です。 ワキガという

記事を読む

【みんな嫌い!他人の体臭、加齢臭。】

他人の体臭、加齢臭ぐらい嫌なものはありませんので、日頃から気をつけています。 40才女

記事を読む

【混ぜるな危険!!加齢臭に注意】

30代女性です。 私の上司は同年代の男性に比べると「若い」と言われる、いわゆるちょいワル風

記事を読む

【急に主人の匂いが気になってしまって・・、プライドの高い人なので加齢臭だと言い難くいものです?】

29歳の主婦です。私には10歳年上の主人がいます。現在結婚3年目で子供もいてとても仲良しな家

記事を読む

【加齢臭をあまりにも気にし過ぎるのも良くない】

加齢臭という言葉が広く知られるようになってもうずいぶんたちます。どことなくネガティブなイメー

記事を読む

PAGE TOP ↑