*

【私より先に妻が加齢臭になりました】

妻の加齢臭が気になり始め、「臭うよ」とはさすがに面と向かっては言いにくいもの。周り人も、妻とはちょっと離れて話をしている光景を目にしました。

私は男性、45歳です。
40を超えたあたりから、私の妻の加齢臭が気になり始めてきました。そばに寄るとカビ臭いような奇妙な臭いが漂ってきます。一般的には中年男性が発生する臭いというイメージですが、皮肉にも私の妻の方から先に臭いが気になるようになってしまいました。かといって、いくら妻とはいっても、「臭うよ」とはさすがに面と向かっては言いにくいものがありますが、周りのご近所さんも同じようで、妻とはちょっと離れて話をしている光景を目にしたことがあります。

私なりにいろいろ調べて知識を身に着けました。

私なりに調べてみたところ、身体の皮脂線からでる脂肪酸が酸化して、雑菌が発酵することで臭いが発生するとのこと。ですから、その脂肪酸を取り除くことが必要で、最も簡単で有効な手段は身体を洗うことだそうです。特に頭皮や胸部、陰部、両脇、耳の後ろや首筋などは脂肪酸がでる皮脂線の集まる場所なので、ここを念入りに洗ってもらえば臭いの元を断ち切れるわけです。ですが、お風呂に一緒に入るような年齢でもありませんから、

反対に自分から「俺、臭いどうかなあ」と切り出して、食生活も少しずつ変えてもらいました。

確認もできません。仕方ないので反対に自分から「俺、臭いどうかなあ」と切り出して、「女性にも加齢臭あるんだって」と言いながら、予防を促すような言い方で得た知識をもとに洗う部位をそれとなく妻に伝えました。身体を洗うせっけんも、皮脂が酸化してできた成分を分解する柿タンニンが含まれたシャンプーに変えてもらいました。また加齢臭の原因は皮脂ですから、皮脂をできるだけ出さないように食生活も少しずつ変えてもらいました。ステーキやバターなどの動物性の脂肪を避けるようにし、抗酸化作用のある魚類や大豆などいわゆる和食を中心とした食生活になりました。
 

地道に食生活を変え、シャンプーなど生活環境を変えたおかげで妻の加齢臭を改善することが出来ました。

私の細かい注文に「気にしすぎだよ」と妻には笑われましたが、これも愛する妻のためです。地道に食生活を変え、シャンプーなども妻にも使ってもらえるようになりました。それから3週間くらいでしょうか。いつの間にか、妻から漂う加齢臭がそれほど気にならなくなってきました。生活環境を変えたおかげで妻の加齢臭をかなり抑え込んでいるのでしょう。少し離れていた友人も距離を変えること無く話している光景も目にするようになりましたし、不快な臭いを気にせず安心してそばにいることができるようになりました。それに食生活を変えたおかげで、私の身体が軽くなり、体調も以前より良くなったように感じます。私も臭いを気にする年齢です。私が言いにくかったように周りも私に言いにくいでしょうから、これからも自分のケアを欠かさずにしていきたいと思います。

<スポンサーリンク>



関連記事

【加齢臭や体臭にはこれ!〜私が行っている体臭対策〜】

私は20代男性です。突然ですが、みなさんは自分自身の体臭やを気にした事はありますか。特に夏は

記事を読む

【私が他人の加齢臭で体験した嫌な出来事】

私は22歳の女性です。 年を取ってくると誰もが悩んでしまう加齢臭ですが、他人の加齢

記事を読む

【私のワキガ発症から現在まで。】

ワキガ体臭予防に消臭スプレーは欠かせませんし、香水でごまかそうとすると、香水とワキガの臭

記事を読む

【高級クラブのフジスソさんのお話】

高級クラブのフジスソさんのお話 その昔、私が高級クラブでアルバイトをしていた時のお

記事を読む

【むかしイギリスで経験した強烈な体臭の話。匂いが強いって大変だ】

体臭はかなり個人差がありますよね。 自分は女性で、若いころは自分の体臭を気にすることはあま

記事を読む

【他人の加齢臭を感じ安心?した自分】

満員電車の中で、異様なまでにキツイ臭いに悩まされながら 毎朝電車での通勤は文字通り通勤

記事を読む

【お祭りを見に行った日の友達の体臭ハプニング】

久しぶりあった彼女は以前よりかなり太っていました。 30代女性です。中学時代からの友達と、

記事を読む

【20代後半まで気にしてこなかった加齢臭へのこれからの対応】

20代後半まで気にしてこなかった加齢臭ですが ぼくは現在29歳の男性です。ぼくは昔から

記事を読む

【加齢臭を感じて安心出来る一方、条件が揃うと気持ちが悪くなります。】

40代女性です。 加齢臭ってとっても厳しいものですね。自分自身から発しているのではないかと

記事を読む

【混ぜるな危険!!加齢臭に注意】

30代女性です。 私の上司は同年代の男性に比べると「若い」と言われる、いわゆるちょいワル風

記事を読む

PAGE TOP ↑