*

【高級クラブのフジスソさんのお話】

%e9%ab%98%e7%b4%9a%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%b8%e3%82%b9%e3%82%bd

高級クラブのフジスソさんのお話

その昔、私が高級クラブでアルバイトをしていた時のお話です。
このクラブ女性が総勢30名ほど勤務している大所帯で、私と比較的仲の良かった富士子さんのお話です。たくさん居るホステスの中でも、素人っぽさが売りでまずまずの美人でスタイルも悪くありません。
頭の回転も悪くなく嫌味もなく、品の良さもあり見た目では上位にランキングのホステスなのですが、一つだけかなり深刻な欠点がありました。お客さんや他のホステスたちは、「わきが&スソわきが」だといい、陰で彼女を「富士子のスソわきが」で「富士のすそ野」で「フジスソ」と呼んでいました。

彼女自身も自身のニオイに気づいていないわけはなく、いつもハンカチで口を隠して話したり、ガムやキャンディを食べて口臭を隠したり、きつめの香水や制汗スプレーをふったりと健気に努力をしていました。そんな彼女でしたが、同僚たちは冷ややかで彼女の座った席にすぐに座りたがらなかったり、彼女がトイレやロッカー室から立ち去った後には消臭スプレーをこれ見よがしに振りまいていました。

でも、ここまでのお話で少しわきがやスソわきがに知識のある方なら、「あれっ?なんか変でない?」と気がついた方もおられるのではないかと思います。そうです。富士子さんは、わきの下やスソの方の匂いだけがきついわけではないのです。むしろ、どちらかというと全身からおかしな匂いが発せられていると言った方が合っているのです。なので、これはわきがかスソわきがではないようです。いらぬお世話と思いながらも、私なりに少し調べてみる事にしました。

彼女の臭いは「魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)」だったかも?

そして、彼女は「魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)」だという事にたどり着いたのです。
この症状は「症候群」と呼ばれているので病とは違うようですが、遺伝が関係しているようですので、彼女の両親などがこの症状である可能性が高いようです。
体の代謝異常で、お口の臭い、体の臭い、尿の臭いが、魚のような臭いがしてしまう書状で、まさに彼女のニオイもこのニオイでした。まだ、この症状には治療法がないのですが、魚の臭いを抑えるためには、「症状を軽減するための食生活の工夫」をする事になります。

例えば、この症状の原因である、「トリメチルアミン」の元となる成分の、「コリン」「カルニチン」「レシチン」等を含む、食品を取らないようにする事です。
また、緑茶に含まれるカテキンやポリフェノールでの、消臭効果が良いと探し出し、それとなく彼女に話してみました。彼女自身、自分の症状に気がついていなかったみたいで、内科系の病院に行ってみると話していました。

少しでも症状が和らぐ事を願うばかりでした。

<スポンサーリンク>



関連記事

【私のワキガ発症から現在まで。】

ワキガ体臭予防に消臭スプレーは欠かせませんし、香水でごまかそうとすると、香水とワキガの臭

記事を読む

【40過ぎたら加齢臭があるのが当たり前 デオドラントケアについて】

私は40代の女性です。 一昔前までは加齢臭についてまったく意識しなくてもよかったのですが、

記事を読む

【自分の強烈な両脇の臭いに気づき、いろいろ対策を施しています】

自分の放つ、古本や古畳がカビたような強烈な臭にびっくり、 私は62歳の男性ですが、

記事を読む

【ダンナの加齢臭を感じたとき、言うべきか、言わないべきか…、】

ダンナの加齢臭を感じたとき、どうするか。言うべきか、言わないべきか…。世の中の奥様は迷った人

記事を読む

【体臭を抑えるために私がしたこと。】

31才女性です。 私の体験談なんですが、体臭は幼少期はあまりなかったように思いますが思春期

記事を読む

【加齢臭を感じて安心出来る一方、条件が揃うと気持ちが悪くなります。】

40代女性です。 加齢臭ってとっても厳しいものですね。自分自身から発しているのではないかと

記事を読む

【あなたもワキガかもしれない?多汗症の恐ろしい体験】

自分もワキガ?気にすると余計に匂ってくる! 私は23歳男性です。 普段は全く臭い

記事を読む

【水道の蛇口の水漏れを修理してもらった時の、水道局の方の強烈な体臭に困った時のこと)】

50代の女性です。私も年齢と共に体臭から加齢臭を気にするようになっていきましたが、これもただ

記事を読む

【みんな嫌い!他人の体臭、加齢臭。】

他人の体臭、加齢臭ぐらい嫌なものはありませんので、日頃から気をつけています。 40才女

記事を読む

【他人の加齢臭を感じ安心?した自分】

満員電車の中で、異様なまでにキツイ臭いに悩まされながら 毎朝電車での通勤は文字通り通勤

記事を読む

PAGE TOP ↑