*

【混ぜるな危険!!加齢臭に注意】

%e6%b7%b7%e3%81%9c%e3%82%8b%e3%81%aa%e5%8d%b1%e9%99%ba

30代女性です。
私の上司は同年代の男性に比べると「若い」と言われる、いわゆるちょいワル風50代男性です。いつも接待や初対面のお客様に対して、年代を感じるようなヒット曲や、流行の話題をふり、「えー!?50代に見えないですね!」と言われることを何よりも喜びとしているようなところがあります。上司が若く見えるのは、そのふさふさの髪型のおかげであり、自慢のハリのある髪の毛は、いつかのベッカムのように整髪剤で逆立ててあります。見た目も感覚も若々しく、部下として一緒に仕事をしていてとても楽しいのですが、今年から一つ気になり始めたことがあります。この夏、あの若々しい上司にもついに「加齢臭」が出現したのです。いくら髪を逆立てて若々しさをアピールしても、加齢による分泌作用は止められない。悲しい現実です。

見た目若々しい上司も加齢臭を感じるようになるとおじさんに。

どこにいても上司の加齢臭は臭います。打ち合わせに出かける電車の中で隣に座っている時、外出先で一緒に食事をしている時、いつでもプーンと漂ってきます。見た目は40代前半のようにとても若々しいのに、おじさん特有の匂いが漂ってくる現実。視覚と嗅覚の情報が一致しないため、私の頭の中でいつも戸惑いがあり、そんな時は上司をいつになくおじさん扱いしてしまいそうな、意地悪な気持ちになります。
そんなある日、上司もさすがに自分の加齢臭を気にしてか、香水のようなものをつけてくるようになりました。甘い臭いの、いかにもブランド品の香水です。夜の六本木にいる男性から漂いそうな香りといえばわかるでしょうか。おそらく首の後ろに付けているのでしょう、上司の後をついていくように縦に並んで歩く時、決まって強く臭うので、私は上司の後ろを歩くことはやめました。

加齢臭と香水の匂いが化学反応を起こし異様な臭いを放つ!

ある猛暑の午後、上司と二人いつものように打ち合わせ先から帰る時、いつもの六本木の臭いとは別の、ドブのような臭いが漂ってきました。何の臭いかと思って注意をしてみると、どうやら上司の首元から臭ってきています。あえて後ろに回って、さらに嗅いでみました。間違いなく、上司の首元から臭っています。それも、六本木みたいな香水の臭いがベールのように薄くかぶさっているだけで、その向こうには強烈で濃密なドブの臭いが存在していたのでした。おそらく、上司が分泌した加齢臭と香水の臭いが混ざってしまって、ある種の化学反応の結果、あのドブのような強烈な臭いが発生してしまったと考えられます。めまいがするほどの臭さでした。加齢臭をかき消すための香水のつもりが、明らかに逆効果を発揮してしまっていました。
世のおじさんの皆様に言いたい。混ぜるな危険!!加齢臭は他の臭いで誤魔化すことはできません!

<スポンサーリンク>



関連記事

【頭皮の匂い対策をいろいろ試していますが、まだ試行錯誤の状態です。】

生きて行く限り体臭対策は社会人として必須なもの 海外生活から帰ってみて、日本のように体臭の

記事を読む

【加齢臭を感じて安心出来る一方、条件が揃うと気持ちが悪くなります。】

40代女性です。 加齢臭ってとっても厳しいものですね。自分自身から発しているのではないかと

記事を読む

【ついに漂い始めた加齢臭ですが、何とかして若く見られたい!】

あんなに嫌っていたオヤジの臭いがついに自分から漂い始めてしまいました 現在私は38歳の中年

記事を読む

【自分の強烈な両脇の臭いに気づき、いろいろ対策を施しています】

自分の放つ、古本や古畳がカビたような強烈な臭にびっくり、 私は62歳の男性ですが、

記事を読む

【加齢臭をあまりにも気にし過ぎるのも良くない】

加齢臭という言葉が広く知られるようになってもうずいぶんたちます。どことなくネガティブなイメー

記事を読む

【加齢臭が原因で私は仕事を辞めることになりました】

まさか自分の体臭がひどいなんて思ってもいなかった。 自分では、全くわからないのですが、

記事を読む

【体臭がキツイ人ほど、臭い対策を怠っているのではないでしょうか?】

自分自身の臭いも気にするようになると、他人の臭いにも敏感になります。 40歳、女性

記事を読む

【【加齢臭を効果的に減らしましょう。】

加齢臭を効果的に減らしましょう 45歳の男性、会社員をしています。加齢臭に悩んでいます

記事を読む

【みんな嫌い!他人の体臭、加齢臭。】

他人の体臭、加齢臭ぐらい嫌なものはありませんので、日頃から気をつけています。 40才女

記事を読む

【私が他人の加齢臭で体験した嫌な出来事】

私は22歳の女性です。 年を取ってくると誰もが悩んでしまう加齢臭ですが、他人の加齢

記事を読む

PAGE TOP ↑