*

【加齢臭や体臭にはこれ!〜私が行っている体臭対策〜】

%e5%8a%a0%e9%bd%a2%e8%87%ad%e3%82%84%e4%bd%93%e8%87%ad%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%93%e3%82%8c

私は20代男性です。突然ですが、みなさんは自分自身の体臭やを気にした事はありますか。特に夏は汗をたくさんかくので気にしちゃいますよね。そこで今回は私が行っている体臭・加齢臭対策を紹介したいと思います。

石鹸から体臭を封じるボディーソープへ!

夏場の汗の悩みの1つとしてお風呂上がりの汗が本当に気になっていました。お風呂上がりに汗を乾かしてはいるのですが、乾いた後も汗がじわじわと出てきて部屋着が汗臭くなり、部屋着を交換するという事がよくありました。そして汗も嫌な臭いで気分も落ちる事がしばしば。悩みの1つとなっていました。それに悩んでいた時に私はセブンイレブンに立ち寄ってある物をたまたま発見しました。それはセブンアンドアイと資生堂が共同開発した「エージーデオ24 メンズオフィスデオ ボディソープ」です。値段は税込で698円と少し値段が高かったですが、なかなか良さげな商品だったので思い切って購入しその日すぐにそのボディソープを試しました。 使ってみた感想ですがボディソープとは思えない泡立ちで体をしっかり洗えて、流し終わった後も体臭がビックリするほど残っておらず「買ってよかった」と思えるボディソープでした。

そして、風呂上がりにはやはり汗をかいてしまうので汗を乾かすために扇風機の風を浴びていました。石鹸を使用していた時は汗が乾いても嫌な臭いに悩まされていました。しかしこのボディソープはやはりそれに対する効果が抜群でした。 汗が乾いた後でもスッキリした肌触りで嫌な臭いがほとんど出ませんでした。これに驚き「このボディソープは本当に素晴らしい。もうこれしか使いたくない。」と決心しました。このボディソープは詰め替え用もあるので容器ごと買い換える必要なく使用する事が出来ます。

リュックを背負わない!

リュックを背負うと背中の通気性が悪くなり背中が汗をかき鼻を刺激するくらい嫌な臭いがします。そのためにも夏場はリュックを避けて、トートバックやクラッチバックを使用して臭いを出さないように気をつけています。

汗拭きシートを持ち歩く!

これはもう定番ですね。夏場に外出すると汗がたくさん出て衣類に汗が染み込んでしまいます。オススメは「メンズビオレのデオドラントボディシート」です。このボディシートは32枚と容量が多く種類もグリーンアップルやシトラスなど様々な香りが楽しめます。
以上が私が行っている体臭・加齢臭対策です。大事なのは「臭いを出さないこと」。これはエチケットでもあり身だしなみでもあります。体臭や加齢臭に気をつけて清潔感のある人を目指しましょう。

<スポンサーリンク>



関連記事

【体臭を抑えるために私がしたこと。】

31才女性です。 私の体験談なんですが、体臭は幼少期はあまりなかったように思いますが思春期

記事を読む

【職場の同期の人の加齢臭に周りが騒ぎ、治すよう指摘した経験があります】

体臭は自分で気が付く事が中々難しいものです。 30代男性です。 体臭は自分で気が

記事を読む

【急に主人の匂いが気になってしまって・・、プライドの高い人なので加齢臭だと言い難くいものです?】

29歳の主婦です。私には10歳年上の主人がいます。現在結婚3年目で子供もいてとても仲良しな家

記事を読む

【ダンナの加齢臭を感じたとき、言うべきか、言わないべきか…、】

ダンナの加齢臭を感じたとき、どうするか。言うべきか、言わないべきか…。世の中の奥様は迷った人

記事を読む

【体臭、加齢臭について何の知識もなかったころのことです。】

わきの下に毛が生え始め、わきの下のニオイも気になり出しました。 50代の女性です。

記事を読む

【加齢臭をあまりにも気にし過ぎるのも良くない】

加齢臭という言葉が広く知られるようになってもうずいぶんたちます。どことなくネガティブなイメー

記事を読む

【むかしイギリスで経験した強烈な体臭の話。匂いが強いって大変だ】

体臭はかなり個人差がありますよね。 自分は女性で、若いころは自分の体臭を気にすることはあま

記事を読む

【体臭がキツイ人ほど、臭い対策を怠っているのではないでしょうか?】

自分自身の臭いも気にするようになると、他人の臭いにも敏感になります。 40歳、女性

記事を読む

【みんな嫌い!他人の体臭、加齢臭。】

他人の体臭、加齢臭ぐらい嫌なものはありませんので、日頃から気をつけています。 40才女

記事を読む

【加齢臭を感じて安心出来る一方、条件が揃うと気持ちが悪くなります。】

40代女性です。 加齢臭ってとっても厳しいものですね。自分自身から発しているのではないかと

記事を読む

PAGE TOP ↑